MENU

いびきは手術でどの程度治る?

いびき 手術

 

いびきは周囲の人に迷惑をかけるだけでは無く、自分自身の体にも悪影響を及ぼすことがあります。

 

近年良く耳にする睡眠時無呼吸症候群の場合は、そのまま放置しておくと気付かぬ内に体に負担がかかり、日常生活に悪影響を及ぼすだけでは無く高血圧や狭心症、心筋梗塞などを発症する恐れがあるので早めの治療がおすすめです。

 

治療は保存療法が一般的ですが、アデノイドが極端に大きい場合や保存療法で回復しない場合に手術が行われます。

 

体に負担もかかりますが改善効果は非常に高く、症状の大幅な改善が見込めます。完治も可能なので、いびきが酷い場合は思い切って手術することを検討してみましょう。

いびき手術にはどんなものがある?

いびき 手術

 

いびき手術には主にレーザー治療と高周波メス治療があります。レーザー治療はレーザーを使い咽頭部分を広げる方法で、具体的には喉の奥の粘膜を一部切除します。

 

気道を広げることで喉の震動や圧迫が抑えられることが症状の改善に繋がり、患者全体に対しておよそ90%の効果があります。

 

高周波メス治療は一般的にのどちんこと呼ばれている口蓋垂の一部を切除して気道を広げる方法で、こちらもレーザー治療と同様に高い治癒率です。

 

自分の症状や喉の形状に適した治療法になるように、事前に医師からの説明をしっかり聞くことが大切です。

 

レーザー治療はどれくらい費用がかかる?

 

レーザー治療の特徴

レーザー治療は1990年ころに開発されたもので、それまでの全身麻酔で入院を伴う方法に比べて局所麻酔で済むことや入院も不要なこと、出血もほとんど無い上にレーザーを照射する時間も15分足らずと体への負担が少ないことが特徴です。

手術費用の相場

レーザー治療にかかる費用は25,000〜30,000円程度が相場で、他に初診料や薬代などを含めて40,000円くらいを用意しておけば良いでしょう。

 

この手術は耳鼻咽喉科で行われることが多いですが、対応していない所もあるので近くの病院をよく調べておきましょう

 

高周波メス治療はどれくらい費用がかかる?

 

高周波メス治療の特徴

高周波メス治療も日帰りが一般的です。手術時間も15分程度で出血もほとんど無く抜糸の必要もありませんが、痛みや腫れが増強することがあるので、刺激物や飲酒、たばこなどは2週間ほど控える必要があります。

手術費用の相場

高周波メス治療にかかる費用も30,000円前後が一般的ですが事前の測定検査が必要で、初診料、薬代を含め50,000円程度用意しておく必要があります。

 

気道の塞いでいる部分そのものを切除することになるので、いびきの発生を根本から改善することが期待できる治療法です。

 

いびき手術で覚悟しなければならないリスク

いびき 手術

 

いびき手術は高い費用をかける分、改善につながる可能性は高いのですが、その反面でリスクもある事を覚悟しておかなければなりません。

 

喉の痛み

手術中は麻酔をしている為、痛みを伴う事はないのですが、手術後には高確率で痛みを伴う事になります。

 

何と言っても切開した部分は喉なので、ご飯や飲み物を飲み込む際は辛い思いをする事になります。また、痛みがずっとひかない場合はすぐに病院で再診察を受ける様にしましょう。

 

後遺症が残る

口に入れた液体が鼻の方へ逆流しやすくなるという事もあるようです。一定時間経てば治まるとのことなのですが、稀にではあるのですが症状が残ってしまう事もありますので、要注意です。

 

その他にも声が変わってしまう事もあるらしく、自分の声が変わってしまうのは嫌ですよね。

 

100%いびきが改善する訳ではない

そうなんです!手術をしたからといって絶対にいびきが改善しますという訳ではないんです。

 

改善したとしても再発する可能性もありますし、手術自体が成功しない可能性もあるというリスクを踏まえた上で、手術は受けなければならないことを理解しましょう。

 

>> いびきを治す方法  TOP